カレンダー
2016年1月
« 12月   2月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
代表 手島 プロフィール
手島 正陽
シンカ株式会社 代表取締役

小規模のシステム開発会社に勤務していた2007年4月〜2011年10月の4年半、「時短勤務」として3歳長女・0歳次女の2人の娘の保育園送り迎えと家事一切を経験。(妻はプロジェクトが忙しい時期は毎日終電で帰宅) ワーキングマザーの大変さをまざまざと知りました。

そしてまた、2015年4月からフルタイムで働きながら夕方の家事も全部行う…生活に再挑戦中。学童保育も卒所した娘2人と日々奮闘中です。

この経験から、「子育てはもっと便利にできるはず」 「子育て本来の"楽しさ””充実感”が得られないのは残念すぎる」 という思いで、シンカとして独立した後は、『働きながら子育てすることを頑張っている人の役に立ちたい』という思いで日々サービス化を模索中。

シンカという会社名には「親になる=親化」の当て字も期待しています。 子育ては、親自身が学び、育っていく過程だと思っています。 私自身が子どもたち、子どもたちと接した時間から教わったことを世の中に還元できれば嬉しいです。

ちなみに、世間で言われるのは「ワーク・ライフバランス」ですが 私たちは「ライフワークバランス」と呼びます。 これについては下記Blogエントリ参照のこと。
http://blog.synca-corp.co.jp/lifeworkbalance/life-work-balance/

1月 5th, 2016

世田谷区の保育所が「非常勤職員」の募集をしているということで

こんにちは。シンカ代表の手島です。

当社のスタッフKが地元の世田谷区で非常勤保育士の職員の求人があがっているのを見つけたとの情報をくれました。

保育士不足を補う施策はいくつか昨年のニュースにもあがっていますので、その流れなのでしょう。例えば、日経新聞のこのニュース
幼稚園・小学校教諭を保育士に活用 厚労省が規制緩和案
2015/11/16 19:50

世田谷区と聞いただけで待機児童が多そうな印象がありますが、その実際の案内がこちら。(PDFファイルが開きます)

一気に100人近くの募集です。それだけ待機児童が多いということでしょう。区として満足する保育を提供するための必要数だと感じました。

この募集が定員に満たないから結果として待機児童も減りません…ってなって欲しくないですね。

この非常勤の仕事をしてみようという人が多くいることを願います。特に良く言われる“潜在保育士”さんが現場で活躍できるといいのですが。

条件の合う仕事があって就業でき、待機児童も減り、現職の保育士さんの疲弊が緩和される…なんていうみんなハッピーな方向に向かうことを願います。

実際の4月の就業状況(募集結果)を知ることができるのか、興味をもって見守りたいと思いました。

最後に余談ですが、この情報を知り、世田谷区のサイトに行ってみましたら、トップページのお知らせにこんなことが書いてありました。

お知らせ
平成28年1月4日
年末年始に野球場を遊び場として無料開放します

いいことだなーと思って内容を見てみたら…

以下の利用はできません
バットを使っての野球、サッカー、ゴルフなど

野球場なのに、バットを使っての野球ができないなんて…。それすら行政が口出さなきゃいけないんですね、最近は。子どもたちも子育てする親たちもいろいろ大変です。

個人情報保護方針