カレンダー
2020年8月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
代表 手島 プロフィール
手島 正陽
シンカ株式会社 代表取締役

小規模のシステム開発会社に勤務していた2007年4月〜2011年10月の4年半、「時短勤務」として3歳長女・0歳次女の2人の娘の保育園送り迎えと家事一切を経験。(妻はプロジェクトが忙しい時期は毎日終電で帰宅) ワーキングマザーの大変さをまざまざと知りました。

そしてまた、2015年4月からフルタイムで働きながら夕方の家事も全部行う…生活に再挑戦中。学童保育も卒所した娘2人と日々奮闘中です。

この経験から、「子育てはもっと便利にできるはず」 「子育て本来の"楽しさ””充実感”が得られないのは残念すぎる」 という思いで、シンカとして独立した後は、『働きながら子育てすることを頑張っている人の役に立ちたい』という思いで日々サービス化を模索中。

シンカという会社名には「親になる=親化」の当て字も期待しています。 子育ては、親自身が学び、育っていく過程だと思っています。 私自身が子どもたち、子どもたちと接した時間から教わったことを世の中に還元できれば嬉しいです。

ちなみに、世間で言われるのは「ワーク・ライフバランス」ですが 私たちは「ライフワークバランス」と呼びます。 これについては下記Blogエントリ参照のこと。
http://blog.synca-corp.co.jp/lifeworkbalance/life-work-balance/

7つのパイプ

こんにちは。シンカ代表の手島です。

今日も日経DUALの記事の紹介です。

「心が安定している子」をつくる7つの人間関係
母からは愛情や感情を、父からは理性や自律を、きょうだいからは理不尽や社会性を、友達からは共感や友情を学ぶ
7つのパイプ理論というのがあるそうです。

—子どもの心を育てる、7つの関係性人には、出会ってきたそれぞれの「人」との関係性で獲得できている価値観があります。それを子育て学協会では、7つのパイプ理論として、子どもに対しても大人に対しても、価値観や理解を深めるツールとして使っています。

何とはなくわかる気はしますが、正式には初めて知る考え方でした。

以下に、同サイトの画像を引用します。

14_3659_02

私は長男で妹が2人います。理不尽さは自分が学ぶより妹たちに体感させてしまっていたのでしょうか。
私の長女・次女のそれぞれの長所・短所(=もう少し変わってくれるといいのになと思うところ)についてなるほどなと感じるところも多いです。

みなさんもご自身、お子さん、ご家族で考えて、その育った環境に照らしてどうでしょうか。

コメントは受け付けていません。

個人情報保護方針