カレンダー
2021年10月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
代表 手島 プロフィール
手島 正陽
シンカ株式会社 代表取締役

小規模のシステム開発会社に勤務していた2007年4月〜2011年10月の4年半、「時短勤務」として3歳長女・0歳次女の2人の娘の保育園送り迎えと家事一切を経験。(妻はプロジェクトが忙しい時期は毎日終電で帰宅) ワーキングマザーの大変さをまざまざと知りました。

そしてまた、2015年4月からフルタイムで働きながら夕方の家事も全部行う…生活に再挑戦中。学童保育も卒所した娘2人と日々奮闘中です。

この経験から、「子育てはもっと便利にできるはず」 「子育て本来の"楽しさ””充実感”が得られないのは残念すぎる」 という思いで、シンカとして独立した後は、『働きながら子育てすることを頑張っている人の役に立ちたい』という思いで日々サービス化を模索中。

シンカという会社名には「親になる=親化」の当て字も期待しています。 子育ては、親自身が学び、育っていく過程だと思っています。 私自身が子どもたち、子どもたちと接した時間から教わったことを世の中に還元できれば嬉しいです。

ちなみに、世間で言われるのは「ワーク・ライフバランス」ですが 私たちは「ライフワークバランス」と呼びます。 これについては下記Blogエントリ参照のこと。
http://blog.synca-corp.co.jp/lifeworkbalance/life-work-balance/

子どもをスキーに連れてって

こんにちは。シンカ代表の手島です。

首都圏の大雪大混乱は困りましたけれど、これまで記録的な暖冬だったので、特に首都圏から日帰り圏内のスキー場は雪不足の大打撃を受けていました。今回の寒波でようやく冬らしくなって関係者の方々もほっと一息といったところではないでしょうか。

私はスキーが趣味です!と胸を張れるほどスキーが大好きで、子どもたちが小学校に上がる前からゲレンデに連れて行き、いまでは見栄えや技術は別にして整地されている斜面なら一人で安全に滑れるようになりました。

スキー業界は「私をスキーに連れてって」の時代を過ごした世代が子どもを連れて“戻ってくる”ことを期待して頑張っているのはいろんなニュースになっているかと思います。

ぜひ、ちょっとでも興味があるのなら出かけて行ってほしいと思います。

いろんなスキー場が家族・親子連れのために努力してくださっています。

その筆頭は、プリンス系のスキー場ではないでしょうか。なんと「子どもリフト無料」です。

そしてプリンス系に限らず、ほとんどのスキー場で毎月第3日曜日を「スキー子どもの日」ということで子どもや家族・親子連れにオトクなキャンペーンを展開しています。

プリンス系のかぐらスキー場は、スキー子どもの日は「レンタル無料」をやってくれます。

http://www.princehotels.co.jp/ski/kagura/event/detail_151111a_01.html/

まさに先週末に出かけてきたわけなのですが、娘たち2人分のリフトもレンタルも無料で遊んできました。

次女の同級生のお父さんで「昔は熱心に滑っていいたけど、子ども生まれてからは一度も…」ということでしたので、ご一緒したのですが、帰り道では「楽しかったー。やっぱこれだよ」を繰り返し「スタッドレスタイヤとスキーキャリアを買わなきゃ!と楽しい想像をめぐらせていました。

私はスキー業界人ではないですが、少しでも多くの親子に、スキー(に限らず雪遊び)を楽しんでもらいたいと思っています。

子どもたちの笑顔、賑やかな声があふれるゲレンデが大好きです。

社会人になるまでスキーをしたことがなかった私が言うのも変ですが、スキーはハードル高い…のも確かですが。ぜひ、こういった機会を見つけて出かけていき、子どもたちにアウトドアで遊ぶ機会、『雪って、雪山っていいな』と思う機会を作ってあげてください。

スキー業界人を代弁し、私も宣伝します!

コメントは受け付けていません。

個人情報保護方針