カレンダー
2022年7月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
代表 手島 プロフィール
手島 正陽
シンカ株式会社 代表取締役

小規模のシステム開発会社に勤務していた2007年4月〜2011年10月の4年半、「時短勤務」として3歳長女・0歳次女の2人の娘の保育園送り迎えと家事一切を経験。(妻はプロジェクトが忙しい時期は毎日終電で帰宅) ワーキングマザーの大変さをまざまざと知りました。

そしてまた、2015年4月からフルタイムで働きながら夕方の家事も全部行う…生活に再挑戦中。学童保育も卒所した娘2人と日々奮闘中です。

この経験から、「子育てはもっと便利にできるはず」 「子育て本来の"楽しさ””充実感”が得られないのは残念すぎる」 という思いで、シンカとして独立した後は、『働きながら子育てすることを頑張っている人の役に立ちたい』という思いで日々サービス化を模索中。

シンカという会社名には「親になる=親化」の当て字も期待しています。 子育ては、親自身が学び、育っていく過程だと思っています。 私自身が子どもたち、子どもたちと接した時間から教わったことを世の中に還元できれば嬉しいです。

ちなみに、世間で言われるのは「ワーク・ライフバランス」ですが 私たちは「ライフワークバランス」と呼びます。 これについては下記Blogエントリ参照のこと。
http://blog.synca-corp.co.jp/lifeworkbalance/life-work-balance/

小学校生活最後の授業参観

こんにちは。シンカ代表の手島です。

昨日、小6の長女の授業参観があり、学校に行ってきました。
これまではどのイベントも参加していましたが、娘も大きくなって「父親がわざわざ来る必要ない」という態度になり、6年生になってからは授業参観は初めてでした。
前日長女から「最後だから父親がくるおうちもあるみたい。来てもいいよ」とお許しが出たので出かけてきました。

そんな最後の授業参観、担任の先生も「もう最後だから」と子どもたちに学ぶ大切さを訴える内容でした。

「お受験」をして小学校に上がり、ほぼ全員が付属の中学・高校に進学する学校です。来春は「入りたくて頑張って勉強してきた」子たちと合流します。

そんな中で、各ステージで勉強することが広がり・深まり、勉強自体も知識を得るだけから誰かの役に立つための学問・研究へ変わっていく…だからみんなもこれからもがんばってほしい。という先生からのメッセージでした。

授業が終わったときに父母からは自然と拍手が起きました。
子どもたちにはどう伝わったでしょうか。

卒業まで3ヶ月。いよいよカウントダウンが始まる感じです。
6年間の集大成、長女には楽しんでもらいたいです。

コメントは受け付けていません。

個人情報保護方針