カレンダー
2017年12月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
代表 手島 プロフィール
手島 正陽
シンカ株式会社 代表取締役

小規模のシステム開発会社に勤務していた2007年4月〜2011年10月の4年半、「時短勤務」として3歳長女・0歳次女の2人の娘の保育園送り迎えと家事一切を経験。(妻はプロジェクトが忙しい時期は毎日終電で帰宅) ワーキングマザーの大変さをまざまざと知りました。

そしてまた、2015年4月からフルタイムで働きながら夕方の家事も全部行う…生活に再挑戦中。学童保育も卒所した娘2人と日々奮闘中です。

この経験から、「子育てはもっと便利にできるはず」 「子育て本来の"楽しさ””充実感”が得られないのは残念すぎる」 という思いで、シンカとして独立した後は、『働きながら子育てすることを頑張っている人の役に立ちたい』という思いで日々サービス化を模索中。

シンカという会社名には「親になる=親化」の当て字も期待しています。 子育ては、親自身が学び、育っていく過程だと思っています。 私自身が子どもたち、子どもたちと接した時間から教わったことを世の中に還元できれば嬉しいです。

ちなみに、世間で言われるのは「ワーク・ライフバランス」ですが 私たちは「ライフワークバランス」と呼びます。 これについては下記Blogエントリ参照のこと。
http://blog.synca-corp.co.jp/lifeworkbalance/life-work-balance/

『勉強ができるかは重要じゃない』

こんにちは。シンカ代表の手島です。

日経DUALにこんな記事がありました。

中田敦彦 勉強ができるか否かは重要じゃない
子どもの能力に大人がどういう環境を紹介できるかは、柔軟に考えたほうがいい

以前、取り上げた時に私は否定的な印象を持ったということを書いたのですが、その話題に関連して

わが子には、より精緻に、その子にジャストフィットする環境を与えることに注力したい。
以前にこの連載で、娘の進学する学校について「公立か国立がいい。最初に武器を与えたくない」との考えを話しましたが、あの方針は雑だったと思うようになりました。
目の前の子の能力にどういう環境を紹介できるか、もっと柔軟に考えたほうがいい。公立がいい、私立がいいってことではない。この子にとってはこの学校がいいかもしれない、この子にはあの学校が向いているってことはあっても、すべての子どもに最高の学校などない。どの子にもベストな環境って、ないんです。

私が感じた意見と同じような方向になってきました。

自分にとってのオンリーワンの才能を見つけて伸ばしていくことは、「そこそこできるけれど、100点に伸びないモノを見つけて捨てていくこと」だと思っています。
子どもが何かを目指して挫折しても、落ち込むことはありません。何かをやってみる、頑張ってみる、でも違った。じゃあやめてもいいよと。そういう作業って必要だし、1回始めたんだからとにかく続けなさいとは言いません。向いていることは、自然と続くものです。
 試行錯誤を繰り返しながら、その子にとってのオンリーワンを見つける手伝いをしていくのは、親の努力なのかなと思っています。

今回のコラムの終盤は“完全に同意”してもいいくらいの内容でした。

 

■参考エントリ
お受験は当然ゴールではなくスタートでしかない

コメントは受け付けていません。

個人情報保護方針