カレンダー
2018年11月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
代表 手島 プロフィール
手島 正陽
シンカ株式会社 代表取締役

小規模のシステム開発会社に勤務していた2007年4月〜2011年10月の4年半、「時短勤務」として3歳長女・0歳次女の2人の娘の保育園送り迎えと家事一切を経験。(妻はプロジェクトが忙しい時期は毎日終電で帰宅) ワーキングマザーの大変さをまざまざと知りました。

そしてまた、2015年4月からフルタイムで働きながら夕方の家事も全部行う…生活に再挑戦中。学童保育も卒所した娘2人と日々奮闘中です。

この経験から、「子育てはもっと便利にできるはず」 「子育て本来の"楽しさ””充実感”が得られないのは残念すぎる」 という思いで、シンカとして独立した後は、『働きながら子育てすることを頑張っている人の役に立ちたい』という思いで日々サービス化を模索中。

シンカという会社名には「親になる=親化」の当て字も期待しています。 子育ては、親自身が学び、育っていく過程だと思っています。 私自身が子どもたち、子どもたちと接した時間から教わったことを世の中に還元できれば嬉しいです。

ちなみに、世間で言われるのは「ワーク・ライフバランス」ですが 私たちは「ライフワークバランス」と呼びます。 これについては下記Blogエントリ参照のこと。
http://blog.synca-corp.co.jp/lifeworkbalance/life-work-balance/

主夫が2.6倍

こんにちは。シンカ代表の手島です。

昨日取り上げた「国家に貢献」の発言から、先週の日経MJ(日経流通新聞)の一面特集取り上げられていた「主夫」のことを思い出しました。

3人の男性が取り上げられていて、“「イクメン」が認知されるようになってからだいぶ肩身の狭い思いをしなくて済むようになってきた”…ようなことが書かれていました。
IMG_0165
今回の主夫の定義は

公的年金の第3号被保険者で20-59歳の年収130万円未満

で推計したそうです。

女性が934万人に対して男性が11万人。15年で2.6倍に増えた

そうです。

妻が有業、夫が無業、128万4,400世帯で全体の4.5%

だそうです。

夫婦となり家族を育むときに、誰が一番”稼げる”のか、2人の分担で生涯獲得収入が最大になるような役割分担をそれぞれ考えて実行すればいいだけです。それが“男性が家庭を預かり、女性が外で仕事をがんばる”だって何も不思議なことではありません。

でも、先日の官房長官の発言や「一億人が総活躍」する社会なんていう中では「主夫」はもっとも忌み嫌われてしまうんでしょうね。

産みもしなければ税金を納めるための生産活動をしない…。なんて、今の国のトップの人からはまったく考えられない人種に映るのでしょう

コメントは受け付けていません。

個人情報保護方針