カレンダー
2017年12月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
代表 手島 プロフィール
手島 正陽
シンカ株式会社 代表取締役

小規模のシステム開発会社に勤務していた2007年4月〜2011年10月の4年半、「時短勤務」として3歳長女・0歳次女の2人の娘の保育園送り迎えと家事一切を経験。(妻はプロジェクトが忙しい時期は毎日終電で帰宅) ワーキングマザーの大変さをまざまざと知りました。

そしてまた、2015年4月からフルタイムで働きながら夕方の家事も全部行う…生活に再挑戦中。学童保育も卒所した娘2人と日々奮闘中です。

この経験から、「子育てはもっと便利にできるはず」 「子育て本来の"楽しさ””充実感”が得られないのは残念すぎる」 という思いで、シンカとして独立した後は、『働きながら子育てすることを頑張っている人の役に立ちたい』という思いで日々サービス化を模索中。

シンカという会社名には「親になる=親化」の当て字も期待しています。 子育ては、親自身が学び、育っていく過程だと思っています。 私自身が子どもたち、子どもたちと接した時間から教わったことを世の中に還元できれば嬉しいです。

ちなみに、世間で言われるのは「ワーク・ライフバランス」ですが 私たちは「ライフワークバランス」と呼びます。 これについては下記Blogエントリ参照のこと。
http://blog.synca-corp.co.jp/lifeworkbalance/life-work-balance/

‘ビジネス’ タグ

多様性を理解するために

こんにちは。シンカ代表の手島です。

先週のニュースですが、ライフネット生命の創業社長が退任というニュースがありました。

「生保の異端児」 ライフネットの出口会長退任
2017/3/15 20:39

ちょうど日経新聞の月曜日の女性面にこの方が書いたコラムがあり、良い視点だなと思って読んだんばかりでしたのでご紹介します。

結びの段には「高度経済成長の成功体験から卒業できていない日本」なんていう言葉も見えます。

キャリア
サービス産業型のマネジメント とがった個性生かして
ダイバーシティ進化論(出口治明)

IMG_0015

入社は1972年。当時は皆、新三種の神器といわれた「3C」(カラーテレビ、クーラー、自動車)がほしくて懸命に働いていた。社会が発展途上にあるときは皆が欲しがるモノがあり、それを作れば売れる。製造業が中心の工場モデルで日本経済は高度成長を遂げた。
それから40年余り。社会は豊かになり、人々の意識は変わった。モノではなくサービスを求めるようになりニーズは多様化。何が売れるのか、もはや3Cのような答えはない。
しかし、日本は変われないでいる。正社員の年間総労働時間はこの四半世紀2000時間と高止まりし、企業は長時間働く社員を評価する。
 「骨折り損のくたびれもうけ」状態を脱するには、工場モデル型の社会構造を根本から変える必要がある。サービス産業型の今の社会では、多様な人材が活躍することでしか企業は成長しない。

時代背景の違いについて非常にすっきりとした説明で妙に納得できました。

世代間のギャップを嘆くだけではなくお互いを理解して”多様性”が発揮できる世の中にならないといけないですね。

個人情報保護方針