カレンダー
2018年4月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
代表 手島 プロフィール
手島 正陽
シンカ株式会社 代表取締役

小規模のシステム開発会社に勤務していた2007年4月〜2011年10月の4年半、「時短勤務」として3歳長女・0歳次女の2人の娘の保育園送り迎えと家事一切を経験。(妻はプロジェクトが忙しい時期は毎日終電で帰宅) ワーキングマザーの大変さをまざまざと知りました。

そしてまた、2015年4月からフルタイムで働きながら夕方の家事も全部行う…生活に再挑戦中。学童保育も卒所した娘2人と日々奮闘中です。

この経験から、「子育てはもっと便利にできるはず」 「子育て本来の"楽しさ””充実感”が得られないのは残念すぎる」 という思いで、シンカとして独立した後は、『働きながら子育てすることを頑張っている人の役に立ちたい』という思いで日々サービス化を模索中。

シンカという会社名には「親になる=親化」の当て字も期待しています。 子育ては、親自身が学び、育っていく過程だと思っています。 私自身が子どもたち、子どもたちと接した時間から教わったことを世の中に還元できれば嬉しいです。

ちなみに、世間で言われるのは「ワーク・ライフバランス」ですが 私たちは「ライフワークバランス」と呼びます。 これについては下記Blogエントリ参照のこと。
http://blog.synca-corp.co.jp/lifeworkbalance/life-work-balance/

‘留守番’ タグ

台風9号直撃の予報

こんにちは。シンカ代表の手島です。

本日、首都圏に台風が直撃のようです。

tenki.jpより

台風9号は首都圏直撃 各地の警戒期間 2016年8月21日 16時58分
吉田 友海
[日本気象協会本社] 気象予報士

large

朝日新聞より
台風9号、通勤時間帯直撃か 関東・東海に上陸の恐れ
小川崇2016年8月22日01時11分

我が家の子どもたちは夏休み期間中ですが、学校と塾と、慌ただしく連絡が入りました。

次女の小学校はプール指導日として登校日でしたが、すべてキャンセルとのこと。
長女の中学校も、部活・生徒会活動ほか一切中止とのこと。
次女が通う塾からも、本人の夏季講習期間ではないのですが、「教室は閉めます。」と緊急連絡メールが入りました。

日曜日に翌日のことを心配してお仕事される方々に頭が下がります。

夏休みで良かったと思う反面、姉妹で一日留守番ということになりました。メリハリ付けて過ごしてくれるか、親が帰宅したら家の中が…と思うと実は台風直撃なみに心配だったりします。

弾丸低気圧がくる朝 | Synca Blog
http://blog.synca-corp.co.jp/kosodate/danganteikiatsunoasa/

我が家の留守番事情

こんにちは。シンカ代表の手島です。

前回のエントリに続き、私事の話題で恐縮です。

先日、小6の長女は学校の創立記念日でした。
当日の朝、私は長女の昼食を作って家を出てきました。

学童にはもう行っていませんので1人で留守番です。

地元の学校でしたら、友達と連れ立って遊ぶ場面なのでしょうか。でも長女のように広域から児童の通う小学校だとなかなかそうはいきません。

同じ沿線に住んでいて、毎日登下校を一緒にしている同級生の仲の良い子でも、駅で4つほど離れています。気軽に連絡とって「遊ぼう」と言える距離でもなく、事前に周到に計画しないと実現しません。

もともと妻が仕事を休んで一緒に過ごそうとしたのですが、彼女の仕事も繁忙期となっていて、休みが取れませんでした。
正確には、急に学校からある事案の保護者説明会を言われたのでそちらに休みを振り替えざるを得なかったのですが、いずれにせよ、親が一緒にいることが叶わず。

さすがに6年生であれば、1人での留守番も治安・安全面の不安はそんなにないのですが、1人にさせてしまって申し訳ないという、親としての心苦しさがどうしても残ります。

こういう日に、たいてい同級生のママ友たちから
「今日は娘が休みだからディズニーランドで楽しんでます!」
みたいな投稿がFacebookにあがるんです。

こないだの春休みも一足先に春休みになったウチの学校では
「一足早い春休み。ディズニーランドで同級生たちと賑やかに遊んでます!」
なんて写真があがってました。こういうのをみると申し訳ない気持ちになります。

すでに我が家は、“共働きなので平日のイベントに声をかけても参加が難しいという家族”と認知されているので、声がかかるということは稀になっています。声をかけらないことで対人での気苦労が少ないのは助かるのですが、どうしても引け目があります。

他人は他人ですし、子どもの休日の全部を対応するわけにはいかないので、人生のうち、何日かはこんな日があっていいとして割り切らなきゃいけないのですが、言うは易しで、なかなか…気持ちの置き所が難しいです。

こんな我が家の留守番事情です。地元ではない私立小学校に通わせようとお考えの方々の参考になさってみてください。

個人情報保護方針