カレンダー
2022年8月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
代表 手島 プロフィール
手島 正陽
シンカ株式会社 代表取締役

小規模のシステム開発会社に勤務していた2007年4月〜2011年10月の4年半、「時短勤務」として3歳長女・0歳次女の2人の娘の保育園送り迎えと家事一切を経験。(妻はプロジェクトが忙しい時期は毎日終電で帰宅) ワーキングマザーの大変さをまざまざと知りました。

そしてまた、2015年4月からフルタイムで働きながら夕方の家事も全部行う…生活に再挑戦中。学童保育も卒所した娘2人と日々奮闘中です。

この経験から、「子育てはもっと便利にできるはず」 「子育て本来の"楽しさ””充実感”が得られないのは残念すぎる」 という思いで、シンカとして独立した後は、『働きながら子育てすることを頑張っている人の役に立ちたい』という思いで日々サービス化を模索中。

シンカという会社名には「親になる=親化」の当て字も期待しています。 子育ては、親自身が学び、育っていく過程だと思っています。 私自身が子どもたち、子どもたちと接した時間から教わったことを世の中に還元できれば嬉しいです。

ちなみに、世間で言われるのは「ワーク・ライフバランス」ですが 私たちは「ライフワークバランス」と呼びます。 これについては下記Blogエントリ参照のこと。
http://blog.synca-corp.co.jp/lifeworkbalance/life-work-balance/

大雪、混乱、小学生

こんにちは。シンカ代表の手島です。

今朝は大雪ですね。2年前?の大雪のときのことを思い出します。

自宅最寄り駅から公共交通機関を使って別々の小学校に登校する我が家の姉妹は明暗が分かれました。

次女の学校は今朝6:20にメールで「3時限目から登校するように」との緊急連絡がありました。一方長女の学校はメールがきませんでした。前夜から発信しないと間に合わないほど広域から向かってきますので、朝メールは手遅れだったのでしょう。昨日の夕方の時点では天気予報は降雪でしたが、私も体感的には「本当に降るの?積もるの?」と思うところもあったので仕方ないのですが。

次女は喜んで再び布団に潜り、長女はしぶしぶ出掛けていきました。

長女を駅まで送りましたが、電車が来ないホームは大混雑。結局30分ほど待って電車に乗り込んでいきました。それでも下り方面なのでまだマシで、乗った電車は「回送電車を急遽運行させています」というもので空いていてラッキーでした。

一方、次女が通う学校は上り電車方面。ホームに入りきれないほど人が溢れ、到着する電車もすでに入る余裕も無いほど満員…こんな電車に乗る必要がなくて良かったと胸をなで下ろしました。

小学1-2年生のような小さな子がこんなときに電車に乗るなんて…通学がイヤになってしまいますね。

親が家にいるご家庭が、子どもと付き添ってあげられれば別ルートを取ったり自信を持って電車を何本か見送って乗れる電車まで待ったり…ってできるでしょうが、共働きですと、「がんばって行ってこい!」になってしまいます。

この春、私立小学校など公共交通機関で通わせることになるご家庭で、特に共働きで子どもに付き添っていられない場合は、こういった交通障害のときにどうするかちゃんと考えておき、いざというときどうするかを話し合っておいてください。

ただ、いざそうなったら舞い上がって事前に約束したことなんか実行できなくて当然でしょうから。それでも怒らずに「良い経験できたね」と労える度量も持つようにしたいものです。

コメントは受け付けていません。

個人情報保護方針