カレンダー
2022年1月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
代表 手島 プロフィール
手島 正陽
シンカ株式会社 代表取締役

小規模のシステム開発会社に勤務していた2007年4月〜2011年10月の4年半、「時短勤務」として3歳長女・0歳次女の2人の娘の保育園送り迎えと家事一切を経験。(妻はプロジェクトが忙しい時期は毎日終電で帰宅) ワーキングマザーの大変さをまざまざと知りました。

そしてまた、2015年4月からフルタイムで働きながら夕方の家事も全部行う…生活に再挑戦中。学童保育も卒所した娘2人と日々奮闘中です。

この経験から、「子育てはもっと便利にできるはず」 「子育て本来の"楽しさ””充実感”が得られないのは残念すぎる」 という思いで、シンカとして独立した後は、『働きながら子育てすることを頑張っている人の役に立ちたい』という思いで日々サービス化を模索中。

シンカという会社名には「親になる=親化」の当て字も期待しています。 子育ては、親自身が学び、育っていく過程だと思っています。 私自身が子どもたち、子どもたちと接した時間から教わったことを世の中に還元できれば嬉しいです。

ちなみに、世間で言われるのは「ワーク・ライフバランス」ですが 私たちは「ライフワークバランス」と呼びます。 これについては下記Blogエントリ参照のこと。
http://blog.synca-corp.co.jp/lifeworkbalance/life-work-balance/

出生率上昇!!というニュース

こんにちは。シンカ代表の手島です。

出生率のニュースについて、首都圏地域ではこんな見出しが付いていました。

出生率、1都3県上昇 都内の昨年1.17
結婚・出産世代が流入
2016/5/24付[有料会員限定]

 1人の女性が生涯に産む子供の数を示す合計特殊出生率は首都圏の1都3県全てで上昇した。(中略)2015年は東京都と神奈川、埼玉、千葉の3県のいずれも前年を上回った。

おっと!と思わせておいてこの数字

 出生率は東京が0.02ポイント上昇の1.17と4年連続で改善した。14年は横ばいだった神奈川も0.03ポイント上昇の1.34。14年は低下した埼玉も0.03ポイント上昇の1.34、千葉も0.03ポイント上昇の1.35と上昇に転じた。

そしてどうしちゃったのか東京都担当者のコメント

東京都の担当者は「保育サービスの拡充や妊産婦への支援などの成果が徐々にあらわれてきたのではないか」と強調する。
神奈川県は「上昇自体は評価するが、要因を分析し、さらなる改善に向け取り組みたい」と慎重な姿勢だ。
埼玉県(中略)担当者は「1年の出生率の増減では施策の成果の判断はできない。今後もニーズに丁寧に対応したい」と話す。

上昇そのことはいいことなのですが、安倍首相の政府の掲げる”矢”はなんでしたっけ。「2025年に1.8」全国平均ということだと、1都道府県レベルでは下回っても良いのかもしれませんが…。まだまだ遠いのですが、どうするのでしょうか。

コメントは受け付けていません。

個人情報保護方針