カレンダー
2018年11月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
代表 手島 プロフィール
手島 正陽
シンカ株式会社 代表取締役

小規模のシステム開発会社に勤務していた2007年4月〜2011年10月の4年半、「時短勤務」として3歳長女・0歳次女の2人の娘の保育園送り迎えと家事一切を経験。(妻はプロジェクトが忙しい時期は毎日終電で帰宅) ワーキングマザーの大変さをまざまざと知りました。

そしてまた、2015年4月からフルタイムで働きながら夕方の家事も全部行う…生活に再挑戦中。学童保育も卒所した娘2人と日々奮闘中です。

この経験から、「子育てはもっと便利にできるはず」 「子育て本来の"楽しさ””充実感”が得られないのは残念すぎる」 という思いで、シンカとして独立した後は、『働きながら子育てすることを頑張っている人の役に立ちたい』という思いで日々サービス化を模索中。

シンカという会社名には「親になる=親化」の当て字も期待しています。 子育ては、親自身が学び、育っていく過程だと思っています。 私自身が子どもたち、子どもたちと接した時間から教わったことを世の中に還元できれば嬉しいです。

ちなみに、世間で言われるのは「ワーク・ライフバランス」ですが 私たちは「ライフワークバランス」と呼びます。 これについては下記Blogエントリ参照のこと。
http://blog.synca-corp.co.jp/lifeworkbalance/life-work-balance/

当時シッター代が“経費”になっていたら

こんにちは。シンカ代表の手島です。

昨日のエントリでベビーシッター代の所得控除に関するニュースを取り上げましたが、私自身がベビーシッターを利用していたときのことを思い出しました。

2009〜2010年ころでしょうか、姉妹2人が保育園から長女が小学校にあがったころ、我が家は妻がフルタイムで仕事をしていて私が家事を担当でしたが、どうしても週1日は私が定時を気にしない日が欲しかったのでシッターさんを利用していました。

いくつか情報収集をした結果、東京都下にある派遣サービスの会社を利用しました。シッターさんと直接連絡をとって、実費分で済むので安いですよという仲介サービスもありましたが、「ビジネスライクに割り切って、相性の良くない人は断れる関係がよい」との妻の進言もあり、派遣会社を利用しました。

当時の料金表を改めて確認したらこんなメニューでした。

平日1,680円/時間(17時以降+300円/時間)、送迎+3,000円、2人目基本料金半額

確か毎週金曜日、18時〜21時の3時間。姉妹が通う保育園のお迎えから自宅で食事をさせてお風呂まで入れてください。ということで利用したはずです。

ですので料金は3時間+お迎えなので

1,680円×3 + 840円×3 + 300円×6 + 3,000円 = 12,360円

これだけの費用が1回のシッターさんに必要でした。

妻の会社の福利厚生のクーポンを使ったので全額を払うことは少なかったですが、それでも少なくない出費です。

ここまでして共働きを続けなければいけないのか…とも思ってしまいましたが、当時は「一時的なものだから今を乗り切れば…」のように思って過ごしていました。

昨日取り上げたニュースのようにこういった”経費”が国も認めるところとなると助かりますね。あとは世の中が「わざわざシッターさんを使うなんて」と感じる人が少なくなることも合わせて期待します。

 

 

コメントは受け付けていません。

個人情報保護方針